ホーム > 患者様のご紹介方法

総合周産期母子医療センターに患者様をご紹介いただく先生方へ

産科救急疾患、新生児救急疾患の場合

神奈川県周産期救急システムに基づいて対応させていただきます。

総合周産期母子医療センターは横浜地区(横浜市・藤沢市・鎌倉市)の基幹病院です。同地区内での産科救急・新生児救急疾患には可能な限り対応するよう努力しておりますが、病床などの理由で総合周産期母子医療センターでの受け入れが困難な場合もあります。

この場合には他の医療機関での受け入れを当センターから要請し、受け入れ先が確保でき次第、発生元の医療機関に連絡させていただきます。

迅速な対応を心がけておりますが、神奈川県内のNICU病床数は依然として不足しており、場合によってはお待たせしたり、確保できた医療機関が遠隔地(ときには県外)となる場合もありますので、その旨患者様にご説明をお願い致します。

ご連絡は昼夜とも、病院代表電話番号(045-261-5656)にお電話の上、産科救急または新生児救急であることをお伝えください。担当医師におつなぎ致します。


妊婦様を分娩目的で紹介いただく場合

救急疾患ではないが、ハイリスク妊娠のため総合周産期母子医療センターでの分娩をご紹介いただく場合は、必ず事前に先生方からのお電話をお願いします。ハイリスク妊娠以外の場合は事前連絡は不要です。

総合周産期母子医療センターでの分娩は予定月ごとに定員を決めさせていただいております。定員を超えているかどうかは「最新情報」を参照してください。定員を超えている場合には、リスクの程度によってはお断りさせていただく場合もありますので、できるだけお早めのご紹介をお願い致します。
また、ご紹介内容によっては、神奈川県立こども医療センター など、他の医療機関へのご紹介をお勧めする場合がございます。

ご連絡は平日(月〜金)8:45〜17:15に病院代表電話番号(045-261-5656)にお電話の上、総合周産期母子医療センター・笠井絢子(かさいじゅんこ)または榎本紀美子(えのもときみこ)までお願い致します。


妊娠前のご夫婦の相談、遺伝相談、習慣性流産(不育症)のご夫婦の相談、妊娠中のセカンドオピニオンのご希望の場合

相談は随時受け付けております。ただし受診日によっては担当者が不在のことがあります。この場合は、次回の予約を担当者のいる日にさせていただくことになりますので、ご了承ください。 日本人類遺伝学会及び日本遺伝カウンセリング学会認定の臨床遺伝専門医と日本遺伝カウンセリング学会認定カウンセラーが対応いたします。この場合も必ず事前に先生方からのお電話をお願いします。平日(月〜金)の8:45〜17:15に病院代表電話番号(045-261-5656)にお電話の上、遺伝相談は総合周産期母子医療センター・榎本(えのもと)、不育症は同センター笠井絢子(かさいじゅんこ)までご連絡ください。


NICU退院児のフォローアップ外来で紹介いただく場合

NICU退院児のフォローアップ外来のご紹介は、平日(月〜金)8:45〜17:15に病院代表電話番号(045-261-5656)にお電話の上、総合周産期母子医療センター・関(せき)までご連絡ください。

※いずれの場合も、紹介状とともに、すでに先生方の医療機関で施行した検査結果(感染症など)があればそのコピーを患者様にお持ちいただいてください。